Home > ヨコソーの歴史

ヨコソーの歴史

History
 

近代日本の「絹の道」から始まった、ヨコソーの先駆的ロジスティクス。

当社の創立は明治39年(1906)。神奈川沖に外洋船が接岸できる倉庫用地を埋立・造成し、桑都八王子と鉄路で結び、生糸を輸出するためでした。近代日本の先駆となるロジスティクス構築から百余年、先進的かつ適確で迅速なサービスは横浜倉庫の遺伝子となり、信用力の源になっています。

横浜鉄道の終着点、絹輸出のための革新的拠点として、港都・横浜で創立

安政6年(1859)の開港以来約80年間、横浜港の輸出品の首位にあったのは生糸でした。中でも高品質とされた上州や信州産の生糸は、「桑都」と呼ばれた八王子を経由して横浜へと運ばれ、その運搬ルートは昭和になって「絹の道」と呼ばれるようになります。しかし、当時の運搬手段は明治半ばになっても大八車や馬。その変革に挑戦したのが当社の創立に関わった日本を代表する財界人たちでした。
彼らが考えたのは、自ら鉄道会社を設立して八王子と横浜とを鉄路で結んだうえ、神奈川沖に広大な埋立地を造成し、倉庫群と港湾施設を建設して線路を引き込み、そこから船で輸出するという画期的な物流の構築でした。
こうして明治37年(1904)に横浜鉄道株式会社(現在のJR横浜線)が設立され、翌年には埋立が認可、そして明治39年(1906)、横浜鉄道の姉妹会社として当社が設立されます。埋立地(現・千若町等)には程なく耐火式の倉庫が多数建ち、専用鉄道も敷設され、明治から昭和初期にかけて横浜港を代表する倉庫会社へと成長を遂げます。
その後、昭和20年(1945)5月の横浜大空襲で当社倉庫が全焼し、残った社有地も戦後すぐに占領軍(GHQ)に全面接収され、会社は休眠状態に陥ります。そうした困難を乗り越え、当社は昭和38年(1963)に東京で事業を再開、その5年後に創業の地・横浜での営業再開を果たし、今日に至っています。



会社創立から10年、大正5年(1916)頃の『地圖』(写真上)と『會社案内』(写真下)。
『地圖』の赤い着色部分が大正元年(1912)に竣工した当社埋立地の千若町と新浦島町。『會社案内』には、敷地内に税関の派出所が設けられていたこと等が記されている

 
ヨコソーの歴史
会社沿革